2017年03月19日

謹賀新年2017年

謹賀新年 2017年 元旦 謹賀新年 マッターホルン ゴルナーグラート駅(標高3089m)にて  2016年夏  山岳鉄道:アプト式ラックレール、三相交流ゆえ架線2本とパンタグラフ2系統が特徴 ※ つーさんの隠れ鉄ちゃん ※ 初出 2017−01−01


posted by つーてつ at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

POLYBAHN ポリーバーン

cablecar

この写真を見て直ぐにチューリッヒを想い出せる人は、幸せだ。

この不思議なケーブルカーは、何なんだろう。
とにかくシャッターを切ったのだ。

調べてみたのは、帰国してからだ。

UBS Polybahn (UBS Polybahn)

わずか 176メートルの距離を走るケーブルカーだ。
昔は、バラストを使って運行していたようだ。しかし、今は電気駆動で動いている。


このケーブルカーのSeilergraben鉄橋をくぐって、左にまがって少し行くと、チューリッヒ中央駅がある。
この道路を左に上がっていくと、チューリッヒで泊まったホテルがある。
そこからチューリッヒ工科大学が見えた。

チューリッヒ工科大学に行くには、電車にせよ歩くにせよ、かなりジグザグに迂回しなければならない。
よって、このポリーバーンは、重宝されている様だ。

--------------------------- 引用開始 ---------------------------
ご自宅で、世界五大陸を鉄道旅行する気分が味わえる! 「世界一周鉄道の旅 DVD全8巻」
--------------------------- 引用終了 ---------------------------

チューリッヒでは、朝食の時、日本のビジネスマンが、3人隣の席にいた。
日本語で何やら話をしていたのを思い出した。

スイス最大の都市、チューリッヒは、やはりビジネスの街の様だ。

左側を走っているトラックは、SCANIA製だ。
ということは、VOLVOと同じスウェーデン製と言うことだ。

EUでみられる大型トラックと大型バスは、ダイムラー、ボルボ、スカニア それと MAN だ。

ドイツの2社とスウェーデンの2社だ。

日野、いすず、FUSO、それと UDは、見なかった。残念。

(折地図)チューリッヒ・ジュネーブ・ベルン・ルツェルン [JALシティガイドマップ](折地図)チューリッヒ・ジュネーブ・ベルン・ルツェルン [JALシティガイドマップ]
(2009/05/20)
株式会社JALブランドコミュニケーション

商品詳細を見る



Zurich Crumpled City MapZurich Crumpled City Map
(2012/01/05)
Emanuele Pizzolorusso

商品詳細を見る


※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2012-08-29
posted by つーてつ at 15:47| 長崎 ☔| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

祝!大津選手の金星ゴール!! クライネ・シャイデック駅の大津号

ロンドン・オリンピック 男子サッカー 大津選手の勝利のゴールを祝して、

ユングフラウバーンのクライネ・シャウディック駅で写した大津号を紹介する。


【207号:日の丸=日章旗と大津の文字が読み取れる】
YUNGFRAUBAHN 1
※ ベビーカーを動かしたかったけどね。

【207号側面】
YUNGFRAUBAHN 2

ユングフラウヨッホは、願ってもないような好天だった。
しかし、クライネ・シャウディック駅に降りてくるときに少しづつガスってきた。


2 地球の歩き方 By Train スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)2 地球の歩き方 By Train スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)
(2009/11/28)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る





※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2012−07−28
posted by つーてつ at 10:54| 長崎 ☁| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

ジュネーブで見た鉄道 SBB-CFF-FFS Re 4/4 U 11109

ジュネーブ駅で見た電気機関車です。
ちょっとレトロな感じがします。

この列車に乗ってZERMATT(ツェルマット)に向かいました。
都合2回乗り換えて、目的地のZERMATTに着いた。

乗った列車の記録として撮影した。

時間がなく SBB-CFF-FFS RABDe 500 025 Xavier Stockmar ほど何枚も写していない。

撮影したのは スイス時間の2011年7月29日15時35分くらい。プラットホームの時計の時間だ。

このEL(電気機関車)のタイプを調べるのには苦労した。
しかし、鉄ちゃんは、世界中にいる。
スイス連邦鉄道の略号のドイツ語版の SBB と 機関車の番号の 11109 の二つだけで、
検索をかけて、SBB-CFF-FFS Re 4/4 U 11109 までたどり着いた。

撮り鉄の世界では、ネタガマ というらしい。
ネタガマは、初耳(はつみみ)というか初見(しょけん)だ。

ネオダマなら聞いたことがある。このブログでも書いている。黒岩恵さんの資料にも出てくる。



SBB EL 11109

ネットで見ると、同じ時間に撮影したものが、You Tube に上がってるではないの。
私=つーさんは、これに乗っているのだ。

You Tube
SBB Re 4/4" 11109 Swiss Express à Genève





スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)
(2006/03)
「地球の歩き方」編集室

商品詳細を見る


※ TU−SAN in Geneva in Switzerland
※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2011-09-01


posted by つーてつ at 01:17| 長崎 ☔| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュネーブで見た鉄道 SBB-CFF-FFS RABDe 500 025 Xavier Stockmar

エム田氏のいうところの隠れテッチャン(隠れ鉄ちゃん)かどうかは別として
ジュネーブ駅で写したSBB CFF FFS の 電車 RABDe500 の25番目の編成である
Xavier Stockmar を紹介する。

この列車=電車には、ジュネーブ空港からジュネーブ駅まで一駅乗っただけである。

SBB CFF FFS は、それぞれがスイス連邦鉄道を示すもので三つの言語の略である。
スイスは、九州ほどの面積の国である。そこには、公式言語が四つもある。
SBB が ドイツ語。CFF が フランス語。 FFS が イタリア語である。
しかし、一番使用が少ないロマンシェ語の略であるVFS?は割愛されているのだそうだ。

RABDe500 は、7両が一編成でそれぞれ スイスの著名人の名前が付けられている。
この 025編成には、 ザビエル ストックマー の名前が付けられている。

Xavier Stockmar って誰? アンリ・デュナンならわかるのだが・・・。

<ジュネーブ駅に停車中のRABDe500 025 こちらが先頭車。>
RABDe500 No.1

<ジュネーブ駅に停車中のRABDe500 025 少し角度を変えてみた。>
RABDe500 No.2

<ジュネーブ駅に停車中のRABDe500 025  ロゴマーク と 3言語で書いた社名。>
<車体に RABDe 500 025−2 とある 先頭車なのに2とは?
 2等車だから? 7両で1編成が2編成有りこちらh、第2編成だから?>
RABDe500 No.3


<SBB CFF FFS は、自転車に寛容だ。自転車マークのある車両は、自転車を乗せることができる。>
<この角度から見るとなかなかいい流線形だ。因みにRABDe 500は、最高時速200km/h>
RABDe500 No.4

※ TU−SAN in Geneva in Switzerland
※ 2012・02・17 メンテナンス
※ 2012・03・29 メンテナンス
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2 地球の歩き方 By Train スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)2 地球の歩き方 By Train スイス鉄道の旅 (地球の歩き方BY TRAIN)
(2009/11/28)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


DVDでめぐる 世界の鉄道 絶景の旅 1号 スイス1 アルプスの登山電車 [雑誌] (世界の鉄道 絶景の旅)DVDでめぐる 世界の鉄道 絶景の旅 1号 スイス1 アルプスの登山電車 [雑誌] (世界の鉄道 絶景の旅)
(2010/02/25)
不明

商品詳細を見る


※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2011-08-28
posted by つーてつ at 00:54| 長崎 ☔| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ご自宅で、世界五大陸を鉄道旅行する気分が味わえる! 「世界一周鉄道の旅 DVD全8巻」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。