2016年06月18日

JR東日本内房線 浜金谷駅

NHKEテレのある番組を毎週予約している。
つまらなければ即消す。
嫌になったら即消す。
即決即消すの法則だ。
おもしろかったら、最後まで見る。
資料性があると考えたら、BD-Rにパッケージ化する。
即決即消すの法則だ。

今回、この番組は浜金谷駅から始まった。

どっちみち鋸山の紹介だろうと思ったけど、
鋸山にはふるカフェ系の古民家はなかったように思う。

ふるカフェ系 はるさんの休日、今回は金谷が舞台の様だ。
※ 観たのは、2016年6月15日、多分初回放送ではない。

浜金谷駅にはいったことがある。

地名は金谷なのに、駅名は浜金谷、多分別の金谷駅があるので、浜金谷駅となったのだろう。
全国区の国鉄の流れを引くJRなら良くある話だ。

因みにもう一つの金谷駅は、静岡県島田市金谷新町にある。
なら金谷新駅にすれば、と思うが諸事情があるのだろう。

つーさん工房写真室のアーカイブを捜してみる。

ありましたよ。写した記憶があるから直ぐに探せる。

【浜金谷駅の駅名看板】
DSCN6287t.jpg
この記事をアップした後にこの写真を眺めていて閃いた。
この板っ切れのちょっと安っぽく見える駅名看板、この板きれは、鋸山を模しているのかもしれない。
鋸山モンブラン(ケーキのこと)を見ててその様な連想をしてみた。

【浜金谷駅ほぼ全景】
DSCN6289.jpg

真田ハルは、ここからタブレット端末を持って現れる。

【番組名はふるカフェ系、つれて来たのは209系】
DSCN6280_01.jpg
構内の陸橋、跨線橋から撮影した。
画面右上が、鋸山だ。

番組では、カフェえどもんずのバウムクーヘンがこの形を模したものになっていた。

カフェえどもんず の名前の由来。勝手に想像した。

店のマスターが、東京出身と言ってた。つまりは、江戸者だ。
江戸者、転じて江戸モンとなる。江戸モンがやってるカフェだから、えどもんずカフェ。
語呂がいいのは、カフェえどもんずかな。


――――――――――






※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-06-18


posted by つーてつ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | 駅 駅舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ご自宅で、世界五大陸を鉄道旅行する気分が味わえる! 「世界一周鉄道の旅 DVD全8巻」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。