2017年03月19日

謹賀新年2017年

謹賀新年 2017年 元旦 謹賀新年 マッターホルン ゴルナーグラート駅(標高3089m)にて  2016年夏  山岳鉄道:アプト式ラックレール、三相交流ゆえ架線2本とパンタグラフ2系統が特徴 ※ つーさんの隠れ鉄ちゃん ※ 初出 2017−01−01
posted by つーてつ at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | スイス鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

鉄道番組をまとめてBD−Rに焼く

最近量販店のメディア売り場が狭くなったような気がする。

以前は、一番場所を占めていたイメーション/TDKブランドのブルーレイが消えてしまった。
That’sも見えなくなった。

つまりは、BD−Rにテレビ番組を焼きつけて固定化する人が減ったということだろう。
昔からのエアチェックファンが、FMからデジタル放送に進化したと言うことだろう。
しかし、エアチェックファンは、確実に減っている。
麻倉さんがパッケージ化を進める本を書いていたけど、その本を読む前から実践している。



※ 良い本だが、1円の本になってしまった。
 しかし、4KテレビでDVDを見ている人もいる。
 ブルーレイを借りると、胡散臭い表情をするおバカな(失礼)GEO店員もいる。
 そんな人たちは、この本読んで勉強すべし。  



――――――――――
今、焼いたBD-Rのタイトルを参考にアップする。
2016年の5月に放送された3本の鉄道番組をまとめている。

同じころに、六角精児版と石丸謙二郎版の小湊鐵道(鉄道)+いすみ鉄道の紀行番組があった。
切り口は違うが、房総半島を横断する趣旨は同じだ。
小湊鐵道の切符売りの女性は同じ人だ。
あとの2番組は、フィラー番組として焼いた。

中井精也のてつたび!富山地方鉄道20160526
六角精児の呑み鉄本線春・小湊鉄道、いすみ鉄道20160522
新・日本風景遺産春の房総 小湊鐵道・いすみ鉄道20160524
須崎市〜 頭15分空から日本を見てみよう+20160531
X-2NHK昼のニュース20160422


六角精児版は、そうそうにサッポロ黒ラベルを飲む米沢さんが出てくる。
酔ったついでに、鼻歌かと思ったが siriで検索して分かった。

六角精児バンドのディーゼルと言う歌だった。
ブランドのディーゼルではなく、キハのディーゼルだ。



このアルバムで、島倉千代子の愛のさざなみをカバーしている。
六角精児さん、リリー・フランキーのThe Covers に出演資格がある。

石丸謙二郎、この人は何かの番組で剣岳登山をしていた。
ハードクライマーなのだ。
石丸謙二郎の剣岳登山の記事

――――――――――




※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016−06−18

posted by つーてつ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東日本内房線 浜金谷駅

NHKEテレのある番組を毎週予約している。
つまらなければ即消す。
嫌になったら即消す。
即決即消すの法則だ。
おもしろかったら、最後まで見る。
資料性があると考えたら、BD-Rにパッケージ化する。
即決即消すの法則だ。

今回、この番組は浜金谷駅から始まった。

どっちみち鋸山の紹介だろうと思ったけど、
鋸山にはふるカフェ系の古民家はなかったように思う。

ふるカフェ系 はるさんの休日、今回は金谷が舞台の様だ。
※ 観たのは、2016年6月15日、多分初回放送ではない。

浜金谷駅にはいったことがある。

地名は金谷なのに、駅名は浜金谷、多分別の金谷駅があるので、浜金谷駅となったのだろう。
全国区の国鉄の流れを引くJRなら良くある話だ。

因みにもう一つの金谷駅は、静岡県島田市金谷新町にある。
なら金谷新駅にすれば、と思うが諸事情があるのだろう。

つーさん工房写真室のアーカイブを捜してみる。

ありましたよ。写した記憶があるから直ぐに探せる。

【浜金谷駅の駅名看板】
DSCN6287t.jpg
この記事をアップした後にこの写真を眺めていて閃いた。
この板っ切れのちょっと安っぽく見える駅名看板、この板きれは、鋸山を模しているのかもしれない。
鋸山モンブラン(ケーキのこと)を見ててその様な連想をしてみた。

【浜金谷駅ほぼ全景】
DSCN6289.jpg

真田ハルは、ここからタブレット端末を持って現れる。

【番組名はふるカフェ系、つれて来たのは209系】
DSCN6280_01.jpg
構内の陸橋、跨線橋から撮影した。
画面右上が、鋸山だ。

番組では、カフェえどもんずのバウムクーヘンがこの形を模したものになっていた。

カフェえどもんず の名前の由来。勝手に想像した。

店のマスターが、東京出身と言ってた。つまりは、江戸者だ。
江戸者、転じて江戸モンとなる。江戸モンがやってるカフェだから、えどもんずカフェ。
語呂がいいのは、カフェえどもんずかな。


――――――――――






※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-06-18
posted by つーてつ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | 駅 駅舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ご自宅で、世界五大陸を鉄道旅行する気分が味わえる! 「世界一周鉄道の旅 DVD全8巻」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。